目の疲れに関わるビタミンについて

目の疲れに関わるビタミンについて

目の疲れに関わるビタミンについて

目の疲れに関わるビタミンについて

目の疲れに関わるビタミンについて実は、目の疲れと栄養素には深い関係性があります。

 

栄養素の中でもビタミンは、必要量を摂取することでいろいろな恩恵を受けることが出来るのです。

 

疲労を身体に感じている場合には、食欲がわかない人もいるでしょう。そうした場合には食事をしっかり摂り、目を疲れを取るようにしましょう。すると、これと同時に身体の疲れも取れてくるのです。

 

ビタミンに関して言うと、まず挙げられるのはビタミンAになります。このビタミンAで角膜や網膜の働きをサポートさせます。これにより一定量の涙を維持出来ることになります。ビタミンAが含まれる食材は、マーガリン、レバー、うなぎ、小松菜、にんじんなどが挙げられます。

 

さらにビタミンBは、視神経の働きを活発にさせるので、目の粘膜組織が生成しやすくなります。ビタミンBには、いわし、うなぎ、かき、さんま、たらこ、納豆、まぐろ、あさり、落花生、レバー、バナナ、豚肉のような食材から摂取することが出来るのです。

 

さらにビタミンCに関しては、水晶体の透明度をキープするのに必要になります。目をリフレッシュするのにも活躍するのです。ビタミンCを含む食材には、赤ピーマン、イチゴ、かぶの葉、キウイ、アセロラジュース、小松菜、菜の花、芽キャベツ、みかん、ブロッコリなどが挙げられます。さらに干ししいたけ、まいたけ、きくらげ、サケ、サンマなどからも摂取することが出来るのです。

 

最後にビタミンEに関してですが、老化予防や血行の促進に役立ちます。主にはくるみ、たらこ、ハマチ、ひまわり油、ヘーゼルナッツ、落花生、アーモンド、うなぎ、かぼちゃから摂取することが可能です。

▲TOP