目の疲れを招く理由とは?

目の疲れを招く理由とは?

目の疲れを招く理由とは?

目の疲れを招く理由とは?

目の疲れを招く理由とは?どうして目の疲れは出てきてしまうのでしょう?大体、目を酷使することで疲れ目になると思っている人は多いでしょう。

 

確かに目の酷使も疲れの原因になるのですが、これ以外にも色々なことがきっかけで疲れ目になるのです。

 

まず、疲れ目の症状が引き起こされる理由で主なものに「ストレス」が挙げられます。

 

このストレスとは血流を悪化させたり、涙が分泌される量を減らしたり、自律神経のバランスを狂わせていきます。こうして目に直接的に負担をかけていなくても、疲れ目を患うようになっていくのです。

 

また遠視や乱視を抱えていても、矯正をしっかりとしていなかったりメガネやコンタクトレンズを使用している場合、その度数が自分にあっていない場合にも、強引にピントを合わせようとする力が働くので、疲れ目になりやすくなります。

 

こうした原因以外には、食事の偏りからくる疲労回復力の落ち込みや運動をしていないことからくる血行の悪化なども十分疲れ目を招く材料になるのです。

 

また疲れ目によって高血圧、糖尿病、動脈硬化のような病気が実際に隠れていることもあるのです。疲れ目でよくかすみ目になる人がいます。この理由は疲れ目には変わりないのです。

 

さらに読書や長時間に渡りテレビやパソコンの画面を見続けることによって、目のピント調節機能が落ち込んでかすみ目を招くこともあるのです。この目のピント調節機能の落ち込みとは、加齢を重ねることでも起こりやすくなる症状です。

 

緑内障、白内障、糖尿病性網膜症、加齢黄斑変性、ドライアイのような病気によってもかすみ目になることがあります。

▲TOP