目の疲れからくる肩・首のこりに効くツボとは?

目の疲れからくる肩・首のこりに効くツボとは?

目の疲れからくる肩・首のこりに効くツボとは?

目の疲れからくる肩・首のこりに効くツボとは?

目の疲れからくる肩・首のこりに効くツボとは?目の疲れが生じてくると、目だけに症状が起こってくるわけではないので、気を付けなければなりません。

 

目だけではなく、他の部分にも症状が出て悩んでいる方は結構いるのです。その中でも多いのが、肩や首が酷く凝ってしまうと言う症状です。

 

こうした肩や首の凝りを何とかして改善させようと思っている人がたくさんいる中で、目の疲れからくる肩や首の凝りに効果的なのはツボ押しであると言われています。

 

ここでは、目の疲れによって引き起こってしまう肩・首のこりに効くツボを紹介していきましょう。隙間時間で実践していきましょう。

 

まず、疲れ目が原因となり首や肩のこりに効き目があるツボとは、肩井(けんせい)、肩中兪(けんちゅうゆ)、百会(ひゃくえ)、風池(ふうち)などがあります。

 

ツボの位置に関して言うと、肩井(けんせい)は首の付け根と肩先を結んだ線の中心にあり、肩中兪(けんちゅうゆ)は肩井(けんせい)から内側に指三本分ほど斜め下の方にあります。また百会(ひゃくえ)は両耳を頭頂部に向かい結んだ線の中心にあり、風池(ふうち)は髪の生え際のくぼんでいる場所に存在しています。

 

こうした場所は、自分だけで押すことが不可能なこともありますので、だれかに手伝ってもらっても良いでしょう。ツボを押してくれる人がいない場合には、ツボの周りをさすってみたり、首や肩をまわすことも効果的になりますので、やってみましょう。

▲TOP