目の疲れと職場の環境の関係

目の疲れと職場の環境の関係

目の疲れと職場の環境の関係

目の疲れと職場の環境の関係

目の疲れと職場の環境の関係実は目の疲れと、職場の環境には深い関係があります。

 

悪い部分の改善によって、目の疲れは出にくくなりますので悪い部分を思い起こしてみましょう。

 

職場の環境において、改善すべきところは、照明です。

 

もしパソコンを使用するような場合には、室内がモニターより暗くならないように注意しましょう。もし室内の明るさと比較してモニターのほうが明るいような時には、目の疲れが起こりやすくなってしまうのです。

 

さらにモニターに電灯や外光がうつり込んだり、照明がチラついたりしないようにチェックしましょう。白熱灯の場合には、ちらつくようなことはないので、目に負担をかけない光と言えますね。

 

しかしモニターに電灯が反射することがないよう、取り付けていくのがポイントになります。モニターがちらついている場合には、モニターに取り付けるフィルターを取り入れることが有効です。このフィルターは、モニターへの乱反射を防止してくれる効果的なものと言えるでしょう。

 

さらに職場の湿度も関係しています。職場では、エアコンがずっと稼働していることがあるので、換気も行われないことが多いでしょう。冬には、暖房で涙の蒸発が起こりやすいために、加湿器を導入して適切な湿度にコントロールしていくことが大切です。

 

さらにたくさんの機器を置いているような職場では、加湿器の導入が困難な時には水を入れたコップを置いておくと良いでしょう。こうしたことでも、ある程度は乾燥を防止出来ます。エアコンの風が直接的に当たらないようにする工夫も必要になります。

▲TOP