冷・温パックで目の疲れを取ろう

冷・温パックで目の疲れを取ろう

冷・温パックで目の疲れを取ろう

冷・温パックで目の疲れを取ろう

冷・温パックで目の疲れを取ろう目の疲れを解消していくには、目を温めたり冷やしたりを繰り返していくことが有効的だと聞いたことのある人は多いでしょう。

 

実際に、どのようにして冷やしたり温めたりしていけば良いのでしょうか?そこで冷・温パックでの方法をご紹介しましょう。

 

まずは簡単にやり方を説明しますので、今日からでもさっそくやってみましょう。目の疲れが解消されていくでしょう。ショボショボする目の疲れの場合には、血行が悪くなっていることによりそのような症状になるのだと言います。そうした場合には温パックが有効です。

 

例えばテレビやパソコンに夢中になって長時間見ていたり、長時間に渡って読書をしていると、目の血行不良に陥ってしまいます。これによりしょぼしょぼしてくるのです。

 

こうした場合にはやけどをしない程度の熱湯でしぼったタオルを用意して、目を覆うことが有効です。このようにパックをすることで、目の周囲の血管が拡張するので血行が改善するのです。

 

さらに目の炎症が発生し充血しているような疲れ目には、冷パックが有効です。やり方は、タオルを氷水に浸した後に絞って、温パックのときと同様に目を覆うようにします。

 

氷の用意が出来ないような場合には、水で濡らしたタオルを冷蔵庫に保存しておくと、同様の効果を得ることが出来ます。またこうした場合には温パックと冷パックをかわるがわる繰り返すことも有効です。交互に繰り返していくと、目の爽快感を味わうことも出来るのです。

▲TOP