目の疲れを取るマッサージとは?

目の疲れを取るマッサージとは?

目の疲れを取るマッサージとは?

目の疲れを取るマッサージとは?

目の疲れを取るマッサージとは?目の疲れを取るのに有効的なマッサージなどは数多く存在します。マッサージは中でも目を疲れを取るのにとても有効なのです。疲れ目に効いていくので、試してみましょう。

 

こうして疲れ目にマッサージが有効的なのは、ツボを押して目の疲れを取るやり方です。

 

ここではそのやり方を解説していきます。隙間時間にできるようなものなので、やってみましょう。

 

ツボと言うのは、そもそも私たちの顔に左右対称にあるのです。まずはそれを覚えておきましょう。ツボは、的確に押すことで、多少の痛みが生じます。目の疲れに効くツボはいくつかあるので、ここではその何種類かをご紹介していきましょう。

 

一ヶ所あたり5~6回くらい押すやり方が有効になります。もしツボの場所が分からない人は、ツボの周りを軽めにマッサージすることも効果があるのでやってみましょう。ツボ押しをする場合には、力任せにしないようにしましょう。また目をこすることも良くありません。

 

ここでとり上げるのは次のようなツボです。さん竹(さんちく)、瞳子りょう(どうしりょう)、睛明(せいめい)、四白(しはく)です。位置は、さん竹が眉頭のところで、瞳子りょうが目尻の横、睛明が目頭のくぼんでいるところで、四白は下まぶたから指一本分ほど下のところにあるツボです。

 

これらの中で瞳子りょうは肉の厚みがない部分ですから、優しく押すようにしましょう。さらに四白の位置は、詳しく言うと瞳の真ん中から真下に線を結んだところです。

▲TOP