目の疲れと家庭の環境について

目の疲れと家庭の環境について

目の疲れと家庭の環境について

目の疲れと家庭の環境について

目の疲れと家庭の環境について目の疲れと家庭環境が密接に結びついていることを知らない人は意外と多いのです。

 

室内でも、作業する際に暗くしている人がいます。この状態ではすぐに疲れ目を引き起こしてしまうので、あまり良い状況とは言えません。

 

部屋の全体を明るくしなくても、部分的な照明を取り入れるようにしましょう。目に無理をさせないことが重要になるのです。

 

また、テレビを見る場合に関してですが、間違ったテレビの見方をしていると目が疲れやすくなるのも事実です。テレビは、長時間に亘って見ることをせず必ず休憩をはさむようにしましょう。

 

また、テレビ画面を見上げている感じでテレビの角度をつけていると、涙の蒸発が起こりやすくなってしまうので、テレビは少し見下ろすような状態に位置づけておきましょう。またテレビ画面との距離をとることも大事です。

 

テレビを見る際にゴロゴロしながら見ると言う人も結構多いそうなのですが、こうした姿勢も実は良くないのです。大体は楽だからゴロゴロしながらテレビを見るのでしょうが、このような姿勢でテレビを見ることは、肩こりを起こしてしまうのです。

 

しかし、ゆっくりと寝ながらテレビを見ることに慣れている人は、自分の好きな姿勢で見たいと思ってしまいますよね。そういう人は、背骨をまっすぐにしてテレビを視聴するように心がけしましょう。

 

室内環境も乾燥している状態は目にとって良くはないので、新鮮な空気の室内を維持するようにして目の疲れを予防しておきましょう。換気はこまめにしておきましょう。

▲TOP