目の疲れと生活習慣の関係

目の疲れと生活習慣の関係

目の疲れと生活習慣の関係

目の疲れと生活習慣の関係

目の疲れと生活習慣の関係目の疲れに悩んでいる方は結構多いのです。そうした方はまず生活習慣の見直しから行ってみましょう。

 

不規則な生活を送っていると、目だけではなく身体にも悪い影響を及ぼしてしまいます。

 

そのため、栄養を十分にとって睡眠も出来るだけ取り、入浴などで心身共にリラックスするように心がけましょう。

 

また、苛立っている場合には、まばたきの回数も少なくなるとも言われているので、お風呂に長めに入って蒸気を目に浴びて潤いを与えてみましょう。リラックスしている状態では、質の良い睡眠を得ることも可能です。このように出来ることはやってみましょう。

 

飲酒や喫煙も疲れ目を引き起こします。喫煙に関して言うと、ドライアイの人の目にタバコの煙がかかると、洗い流すために涙が使用されていくので、目に負担がかかります。

 

飲酒に関しては、お酒を飲むとタバコを吸いたくなり、喉の渇きも後になって出てきてしまうのです。アルコールの摂取は目の渇きにも繋がりがあるのです。アルコールと喫煙の両方を止めなければいけないわけではありませんが、過剰に摂取しないように気を付けましょう。

 

またダイエットのしすぎも、目の渇きや疲れに変わります。ダイエットのし過ぎによってホルモンバランスが崩れていきます。これによりドライアイの症状を進行させる恐れがあるのです。ダイエットは、健康の範囲内に抑えながらしていくことをオススメします。

 

さらに紫外線を浴びていると、目の疲れを悪化させてしまいます。もしたくさんの紫外線を浴びる場所に行く時には、サングラスで目を守るような習慣を付けましょう。

▲TOP