目の疲れが出る場合の老眼予防に効く体操とは?

目の疲れが出る場合の老眼予防に効く体操とは?

目の疲れが出る場合の老眼予防に効く体操とは?

目の疲れが出る場合の老眼予防に効く体操とは?

目の疲れが出る場合の老眼予防に効く体操とは?老眼は本来40歳を超えたあたりから出やすいものであると言われています。

 

我々は最近ではパソコンやスマートフォンの普及によって夜中でも目に負担がかかるような生活をしているのです。そのため、30代でも老眼に気を付けなくてはならないのです。

 

もし老眼になってしまえば、近くの対象が見にくいような状態になってしまうため、読書をした後に肩や首のこり、頭痛、目の疲れが出やすくなるのです。

 

若い頃には、遠方に視線を向けた後に、近くのものを見てもなんともならないのですが、加齢を重ねていくうちに水晶体の弾力性がなくなってくることから、水晶体を支えている毛様体筋が劣化していくのです。これによって水晶体に厚みを持たせることが出来なくなり、ピントが合わないことが多くなるのです。

 

老眼になりたい人なんていませんよね。老眼を未然に防ぐことは、出来なくもありません。目の疲れを引き起こすような老眼予防には、それに効果的な体操があるのです。この体操は、とても簡単で、誰でも覚えられるものです。

 

やり方をここで把握して習慣化させることによって、目の疲れから始まる老眼を予防することが可能です。老眼予防の体操とは、まず一回目を強く目を閉じてから、パッと開いてみましょう。この時に頭部を動かさないように注意し、黒目を八方向に、一回転させる要領でやっていきましょう。

 

この動作を1~2分間に渡り反復していけば、立派な体操になるのです。この体操を隙間時間でやっていけば、徐々に毛様体筋のこりを緩和させていくので、老眼を予防することが可能になります。

▲TOP