目の疲れに有効な体操とは?

目の疲れに有効な体操とは?

目の疲れに有効な体操とは?

目の疲れに有効な体操とは?

目の疲れに有効な体操とは?目の疲れが気になっている場合には、その疲れに有効的な体操をいくつか実践してみましょう。

 

ここでは、目の疲れに効く体操を三種類ご紹介していきますので、目の疲れが気になる前にやってみましょう。

 

まず初めに目を上下左右に動かす体操です。やり方としては簡単なので、すぐに覚えられるでしょう。

 

まず一度目を強く閉じてからパッと開けてから、頭部を動かさずに、目だけを右、左、上、下に動かすようにしましょう。

 

さらに目を強く閉じることを繰り返していくのです。もしパソコンを長時間使うような仕事をしている人では、視線を一点に集中しがちでピントをずっと近いところに合わせることが多いので、ピントを調節する毛様体に疲労が出てくるでしょう。

 

そのため、30分ごとに2~3回に分けて休憩をはさみながらこの体操をしていくようにしましょう。

 

さらにいろいろな目の疲れの解消方法を合わせた体操も解説していきましょう。まずは温パックをして目の血の巡りを良くなったところで、リラックスできる音楽で心を軽くしていきましょう。音楽が終わるまで、曲に合わせながら目を開けたり閉じたりしていきましょう。曲が終わったら、静かに目を閉じながら一定時間、目を休めるようにするのです。

 

そして最後にご紹介するのは、毛様体の疲労に有効的な体操です。初めに10~20秒のあいだ、近くにあるものに視線を向けていきます。そして、遠方にあるものに視線を向けて五分くらいぼーっと見続けるのです。この体操を繰り返していき、一日に何度かやりましょう。すると気分も楽になるのです。

▲TOP