目の疲れとデスクワーク時の姿勢との関係

目の疲れとデスクワーク時の姿勢との関係

目の疲れとデスクワーク時の姿勢との関係

目の疲れとデスクワーク時の姿勢との関係

目の疲れとデスクワーク時の姿勢との関係デスクワークをする場合の姿勢と、目の疲れには深く関わりあいがあるのです。

 

何となくは、デスクワーク時の姿勢が悪いと目の疲れなどのトラブルが起こることは予想出来るでしょう。

 

目の疲れを実感している人でも、していない人でも姿勢に問題があれば見直していきましょう。

 

まずは、パソコンを操作するときの姿勢をチェックしましょう。例えばキーボードの入力する場合に前かがみの姿勢で行っていませんか?前かがみの姿勢だと、目が乾いたり、肩や首などにかなり負担がかかってしまいます。

 

さらに作業に夢中になるほど前かがみになる傾向にあるので正しい姿勢を意識せずに保っていけるように注意しましょう。またモニターを見上げる形でパソコンを使用していませんか?このような使用方法では、目を大きく見開くことになるので、乾燥していくことは間違いないのです。

 

モニターは見下ろすくらいの状態で、目の乾燥を防ぎましょう。モニターと書類が離れていないかもチェックしましょう。距離が離れていると、目を動かす距離が長くなるので目が疲れていくのです。

 

書類フォルダなどを使用するようにして、モニターからあまり目が離れないよう工夫することが大事です。夢中になって仕事をすれば、まばたきの回数が極端に少なくなるので、目の乾きを招く最大の理由になってしまいます。

 

まばたきの回数を意識して多くするように心がけましょう。さらにノンストップで作業をするのも目によくありません。目の休憩時間として30分に1回のインターバルを取りながら作業するようにしましょう。目に重大な問題を抱えてしまう前に予防しましょう。

▲TOP