ルテインの効果を調べてみました!

ルテインサプリメントの効果・効能!

ルテインサプリメントの効果・効能!

実際に試してみた!※ルテインサプリメント特集

ルテインサプリメントの効果・効能!ルテインサプリは、「疲れ目、目のかすみ、目のぼやけ」などの軽い症状から、「ドライアイ、眼精疲労」などの重めの目の症状にも効くことで脚光を浴びています。

 

さらには、「緑内障、白内障」などの眼病予防にもなるとか!本当に、ルテインサプリは効果があるのでしょうか…!?

 

当サイトでは、実際の体験談と併せて、ルテインサプリを徹底比較しています。ぜひ、参考にしてください。

ルテインサプリとブルーベリーサプリ、どちらが目に良い?

ルテインサプリメントの効果・効能!ルテインサプリはよく「ブルーベリーサプリ」と比較されます。どちらも目に良いサプリとして注目されています。では、どちらが目に良いのでしょうか?

 

結論から言うと、両方とも目に良いサプリです。ルテインサプリとブルーベリーサプリでは作用が異なりますが、各自有効成分が目に良い効果をもたらします。

 

まず、ルテインは「天然のサングラス」とも呼ばれるほど、目・網膜に刺激を与える紫外線やブルーライトなどから目を守る働きがあります。眼球内の活性酸素を除去するほどの抗酸化作用があります。

 

しかも、目の水晶体内からブルーライトを吸収して目を保護します。成長とともにルテインは蓄積されていきますが、その後、加齢とともに減ってしまいます。ルテイン不足になると、目の不快な症状や加齢黄斑変性症、白内障や緑内障のリスクが高くなります。

 

ブルーベリーサプリの方は、アントシアニンというポリフェノールを含んでいます。アントシアニンは目のタンパク質のロドプシンを再合成する働きがあります。

 

目は光を浴びると脳に光情報を伝達するために、ロドプシンは分解されます。つまり、ロドプシンは伝達物質です。加齢や疲労によって減るロドプシンの再合成をアントシアニンが助けるため、目の機能強化になります。

 

このように、それぞれが異なる働きで、目に良い作用をもたらします。アントシアニンはとくに視力低下や眼精疲労が気になる方に、ルテインは目をよく酷使している方におすすめです。

 

ルテインサプリなら、アントシアニンも配合されているものが一押し!

意外と知られていないルテインの効果

ルテインサプリメントの効果・効能!ルテインは目を守る役割がある成分です。カロテノイドの一種で、強い抗酸化作用があります。

 

外出するときは女性なら日焼け止めクリームなどで紫外線対策をしていますが、見落としやすいのが目の紫外線対策

 

ルテインは、目の紫外線対策に良い成分です。天然のサングラスと呼ばれているだけあり、目を紫外線から守ってくれます。同じように目に悪いブルーライトにも対応

 

パソコンやスマホを使い過ぎやブルーライトを浴びることで、網膜はダメージを受けてしまいます。このようにダメージを受けた網膜は修復される仕組みになっていますが、その際に「システイン」が消費されます。

 

システインは美容成分としても知られています。美髪や美肌に欠かせない成分なのですが、目を酷使するほどシステインが減って、美容にも影響が…!システインは髪の栄養に欠かせず、肌にとってはシミなどの原因になるメラニン色素の生成を抑える働きがあります。

 

つまり、目のケアをしないと美容成分が減っていく一方です。間接的にいって、ルテインは美容効果にも関わっています。抗酸化作用に優れた働きがあるので、アンチエイジングにも効果が期待できます。

 

アントシアニンなどを配合したルテインサプリなら、美容にも良い効果がありそうですよね。

ルテインの摂取目安と相性の良い成分

ルテインサプリメントの効果・効能!ルテインは天然のサングラスと呼ばれるほど、目を守るチカラがあります。紫外線やブルーライトなど目に多大なダメージを与えるものから目を守ってくれます。

 

人は生まれてから母乳や食事を通して、成長とともにルテインを蓄積していきます。それが加齢とともに減っていき、ルテイン不足に陥ると、目の機能が低下してしまいます。

 

だからこそルテインが必要なのですが、ルテインを充足させるためには1日の摂取量が少量では意味がありません。1日のルテインの必要量は【6mg以上】です。

 

「たった6mgなら簡単に摂れそう」と思われるかもしれませんが、身近な野菜で摂ろうとすると、それはもう大変です。

 

たとえば、ほうれん草なら約4株、にんじんなら13本も食べなくては満たすことができません。それぞれたくさん食べると、別の栄養素を過剰摂取してしまうリスクもあります。

 

ちなみに、今出ている症状を回復させるには、20mgのルテインが必要ともされています。ルテインを補給するならサプリが一番効率的な方法です。

 

ただし、ルテインサプリにも種類があります。ルテイン自体に「フリー体」と「エステル体」という種類があります。フリー体は体内にあるルテインと同じ状態で、エステル体は脂肪酸が結合している状態です。

 

エステル体は脂肪酸と一度分離させないといけないのでフリー体に比べて吸収率が悪いとされています。ただその一方で、持続力はフリー体より高いとされています。

 

また、ルテインは相性の良い成分と一緒に摂ると、より効果的です。たとえば、下記のような物質と一緒に摂ると良いでしょう。

 

ルテインと相性が良い成分
  • アントシアニン
  • ゼアキサンチン

 

アントシアニンはブルーベリーやビルベリーに含まれているポリフェノールで、ルテインと相性がよく、目の機能の向上に効果的です。しかもアントシアニンはルテインを目に届けるのを助ける働きもあります。

 

ゼアキサンチンはアメリカンの研究によると、ルテインと摂ると黄斑変性症のリスクが低減できると言われています。ルテインとゼアキサンチンは5:1の割合が理想的です。

3つのポイントで選んだルテインサプリトップ3

ルテインサプリを独自の調査で比較してみました。

 

配合量が6mg以上・ゼアキサンチンとの割合が5;1、ルテインの補助成分を配合

 

以上3つのポイントを条件に、ルテインサプリトップ3を発表します。

 

めなり(さくらの森)

ルテインサプリメントの効果・効能!


ルテインの配合量で選ぶなら、めなりが一押し!さくらの森のめなりでは、ルテインなど目に良い成分を高配合しています。


ルテインは1粒中に12mg!ゼアキサンチンは2.4mgと理想的なバランスで配合。他にも、ビルベリーエキス170mgでアントシアニンもたっぷり摂れます。


さらに、クロセチンやアスタキサンチンなど、有効成分を絶妙なバランスで配合


価格 907円 (15日間の返金保証付き)

公式サイトへ

ファンケルのえんきん

ルテインサプリメントの効果・効能!


テレビCMでもおなじみ、ファンケルのえんきん。目の症状や老眼が気になり始めた方におすすめ。とくに抗酸化成分に特化しています。


ルテインはなんと10mg!その他に、シアニジン-3-グルコシド、アスタキサンチンなど、抗酸化力があり、筋肉のこりをほぐして血流を良くする成分を配合しています。眼精疲労の症状や、ピント調節機能のサポートに。


価格 1,000円

公式サイトへ

やわたのめばえ

ルテインサプリメントの効果・効能!


やわたのめばえは、ルテインの配合量が業界トップクラスです。1粒中に、ルテインが20mgも配合されています。すでに出ている症状にはルテイン20mg必要とされていて効果的です。1日たった1粒で、目の働きのサポートに


その他にも、ゼアキサンチンやアスタキサンチン、リコピン、イチョウ葉エキス、ビタミンEも配合しています。


価格 1,642円 (3ヶ月間の返金保証付き)

公式サイトへ

▲TOP